• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

【弊社の保有資格ご紹介⑧】

【弊社の保有資格ご紹介⑧】

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

弊社スタッフの保有資格の紹介⑧です。

今回の資格は、「JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)」です。

NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会 」HPはこちら↓↓

https://www.jshi.org/

 

「JSHI公認ホームインスペクターとは」※NPO法人 日本ホームインスペクターズ協会HP抜粋

JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅診断のプロとして、建築・不動産取引・住宅診断方法などにおける一定以上の知識、高い倫理観を有することを消費者に明示するために、JSHIが2009年より実施している「公認ホームインスペクター(住宅診断士)資格試験」に合格し、認定会員として登録している個人に対して付与する民間資格です。
JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)とは、住宅全体の劣化状況や欠陥の有無を目視でチェックし、メンテナンスすべき箇所やその時期、おおよその費用などを「中立な立場」でアドバイスする専門家です。
JSHI公認ホームインスペクターは、JSHIが推奨する「住宅のお医者さん」として、全国で活躍しています。

 

宅建業法が改正され、「既存住宅状況調査」の有無の説明が、私たち宅建業者にも必須となりました。

よく誤解されている方が多いのですが、「既存住宅状況調査」を出来る資格と、「JSHI公認ホームインスペクター(住宅診断士)の資格は別です。

 

どちらの資格も少しでも不動産売買の不透明性を改善しようとしている目的は一緒ですが、理念・手段が違います。

個人的な意見では、NPO法人公認ホームインスペクターズ協会の理念で、住宅診断が広がればより透明性が高く、安全性の高い、不動産市場になると思っています。

弊社は不動産会社の立場になるので、中立ではないので実務は行っていません。

しかし、一生に一度の大きなお買い物の際に、買主様に少しでも良いアドバイスが出来るように資格をとりました。

 

残念ながら日本の不動産市場は透明性にかける部分が多々あります。

少しでも良い市場に変えるべく、弊社も微力ながら貢献出来るよう日々努力をしていきます。