• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

不動産売却コラム⑪土地(住宅用地)の査定~個別要因~

不動産売却コラム⑪土地(住宅用地)の査定~個別要因~

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

不動産査定・不動産売却・不動産売買に失敗したくない方必見!!

【㈱生活情報ネットの不動産売却コラム】です♪

 

第11回目の不動産売却コラムは「不動産の査定について」です。

土地の査定方法で、今回はステップ③「不動産の個別要因」です。

※住宅用地、商業用地、土地面積でも査定方法が変わってくるため、一般的な住宅用地1区画(60坪程度)の土地をモデルケースとしてご説明します。

前回コラムステップ②はこちら↓↓

http://sj-net.co.jp/%e5%a3%b2%e5%8d%b4%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0/%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e5%a3%b2%e5%8d%b4%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a0%e2%91%a2%ef%bd%9e%e4%bd%8f%e5%ae%85%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%81%b8%e3%81%b3%e6%96%b9%ef%bd%9e-2-2-2-2-3-2/

 

ステップ②で近隣の取引事例を調べた結果、坪単価25万円だったとします。

坪単価25万円×査定地60坪=1,500万円となります。

 

ステップ③では査定地の個別要因を調べます。

100円ショップのように大量生産品ではなく、1つとして同じものが無いのが不動産です。

 

項目は以下のようなものになります。

「土地」

  • 間口・奥行きの状態
  • 周辺道路の整備・配置の状況
  • 宅地の形状
  • 隣地の状況
  • 水道・ガス・電気等の整備状況
  • 行政(法律)の規制

 

「周辺環境」

  • 交通の便
  • 土地の安全性
  • 騒音・振動の有無
  • 嫌悪施設の有無
  • 買物の便
  • 公共の施設
  • 公園・自然・観光資源
  • 医療施設
  • 教育施設

 

このような項目を5段階評価で点数をつけて、査定価格を上下させます。

次回はステップ④についてご説明します。

 

㈱生活情報ネット

野田 大地