• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

不動産売却コラム㉞~空家になった自宅を「売却」するか、「貸す」か、税金含め考える②~

不動産売却コラム㉞~空家になった自宅を「売却」するか、「貸す」か、税金含め考える②~

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

不動産査定・不動産売却・不動産売買に失敗したくない方必見!!
【株式会社生活情報ネットの不動産売却コラム】です♪

今回の不動産売却コラムは、転勤・離婚などで空家になった自宅を「売却」するか、「貸す」かを税金含め考えてみます。

前回コラムの続きになります。前回コラムは↓↓
不動産売却コラム㉝~空家になった自宅を「売却」するか、「貸す」か、税金含め考える~

空家での売却価格と、貸家での売却価格がなぜ変わるか説明します。

空家の査定価格方法は原価法を使用します。一言でいうと
土地価格+建物価格=査定価格 になります。
土地価格が800万円で、建物価格価格が200万円なら、空家での査定価格は1,000万円となります。

貸家の査定方法は収益還元法を使用します。
年間収入÷利回り=査定価格 となります。

今回の事例だと、家賃は月額5万円のため、年間収入は60万円になります。近隣の利回り相場が10%です。この場合の査定価格は、
年間収入60万円÷利回り10%=査定価格600万円
となります。

なぜ査定価格が安くなるかというと、貸家を購入しても、入居者がいる限り自由に使うことはできないため、買主の目的は家賃収入を得ることを目的とした不動産投資として購入するからです。
また、空家の場合は、住宅ローンを利用でき、最長40年ローンも組めるので、毎月の支払い額が安くすみます。
貸家の場合は、築年数にもよりますが、今回のケースだとおおよそ10年位しかローンが組めず、毎月の支払い額高くなることも理由の1つです。
更に、投資家目線で考えると、一戸建てや、マンション1室の貸家は、アパートなどと比べ利益が出ずらいことも理由の1つです。

次回は、引越や相続した空家を、「売却した場合」と、「貸した場合」で、実際の必要経費なども含め比較してみます。

熊本県・熊本市・合志市・菊陽町・大津町・益城町・菊池市の、
不動産売却・相続相談・資産運用・任意売却は、
株式会社生活情報ネットまでお問い合わせ下さい♪♪

株式会社生活情報ネット
野田 大地

「資格」
宅地建物取引士
CPM(米国公認 不動産経営管理士)
CCⅠM(米国認定 不動産投資顧問)
賃貸不動産経営管理士
任意売却取扱主任者
ICA公認 相続対策コンサルタント
相続アドバイザー協議会 認定会員
JSHI公認 ホームインスペクター(住宅診断士)
損害保険募集人