• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

相続相談事例⑦<父の借金を相続放棄>

相続相談事例⑦<父の借金を相続放棄>

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

父の借金を相続放棄

相談者:U様 60代男性


【相談内容】

家族構成は、父(90才)・母(90才)・兄(62才)・私(58才)です。
30年程前に父・兄が共同名義で実家を新築し、父・母・兄は同居しています。
父・母・兄が、共同で住宅ローンを支払っていますが、返済が困難になっています。
そんな中、父が余命宣告を受けてしまいました。
自宅を売却するにも、査定価格が1,000万円ですが、住宅ローンの残債は1,500万円あり、売却できずに困っています。
何か方法はないでしょうか?


【当センターからのご提案】

今回の相談は、「任意売却」と「相続放棄」の2つの組み合わせが必要な案件でした。

「任意売却」
今回の様に、査定価格1,000万円、住宅ローン残高1,500万円の場合、500万円の自己資金を準備が出来ないと売却が出来ません。自己資金の準備が出来なかったので、このケースでは「任意売却」を選択しました。
任意売却については、下記リンクでご確認下さい。
任意売却についてはこちら↓↓
http://sj-net.co.jp/consultation/

「相続放棄」
まず、相続は現金などのプラスの財産だけでなく、マイナスの財産である借金も相続します。相談者U様が父の相続をしてしまうと、住宅ローンの借金も相続してしまいます。
借金相続には注意点があり、借金1,500万円を母・兄・相談者U様で500万円ずつ相続するわけではなく、借金1,500万円を支払う義務を、相続人それぞれが相続します。

今回のケースでは、母も高齢だったため、母の相続についても考慮しなければいけません。
父の相続で、母・相談者U様には相続放棄をして兄だけが相続し、任意売却で自宅を売却することをご提案しました。

 


熊本県・熊本市・合志市・菊陽町で、不動産の相続にお悩みの方は、「生活情報ネット相続相談センター」までお気軽にご相談下さい。