• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

相続相談事例①<自宅を祖母名義の土地に新築したいが、良い方法はないか>

相続相談事例①<自宅を祖母名義の土地に新築したいが、良い方法はないか>

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

相続相談 事例①<自宅を祖母名義の土地に新築したいが、良い方法はないか>

 

「相談者」

20代女性W様(孫)・80代女性U様(祖母)

 

「相談内容」

W様は自宅の新築を予定しています。

U様の土地に2世帯住宅を新築して、同居する予定です。

土地を貰うと贈与税がかかると言われ、何か良い方法がないか教えて下さい。

 

「提案内容」

まず、将来相続が発生しても、孫にあたるW様は、相続人にはあたらないため法定相続では、土地の名義はW様にはなりません。

U様の相続が発生した際に、土地の名義をA様にするには、遺言か、生前贈与のどちらかになります。

 

今回のケースでは、2つのご提案をしました。

  • 祖母に遺言を書いてもらう
  • 相続時精算課税制度を利用し、土地の生前贈与をする

 

上記の2つのケースの違いの1つは、土地を将来引き継ぐのか、今引き継ぐのかの違いです。

U様の資産状況を整理したところ、相続が発生した時に、相続税の支払いがないご家庭だったため、相続税節税の観点は必要ないと判断しました。

 

今回のケースでは、W様に家を新築してもらうこともあり、U様の希望としては、早くW様の名義にしてあげたいということで、②相続時精算課税制度を選択されました。

 

相続のお悩みは、「生活情報ネット相続相談センター」までご相談下さい。

http://sj-net.co.jp/%e7%9b%b8%e7%b6%9a%e7%9b%b8%e8%ab%87/