• 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

相続相談事例⑪<相続空家の売却方法>

相続相談事例⑪<相続空家の売却方法>

150 150 熊本県内の不動産売却・買取・購入・事業用地・賃貸管理・賃貸のことなら株式会社生活情報ネット

相続空家の売却方法

相談者:F様 50代女性


【相談内容】

母から実家を相続しました。自宅は20年前に購入しているので売却しようと考えています。
某大手不動産会社から現状のまま買取してくれると話があり、手続きも楽なのでお願いしようと考えています。
ただ、担当の方は、相続の知識がないようで、対応に不安を覚えたのでご相談にきました。

【当センターからのご提案】

お知らべしたところ今回の案件は、相続空家3,000万円控除の対象となる不動産でした。
簡単にお伝えすると、売却したあとに支払う税金が最大600万円少なくなる制度です。
この制度の利用には、昭和56年5月31日以前に建築された住宅を更地にして売却するか、耐震リフォームをして売却する場合が前提となります。その他にも複数の要件全てに合致しないと、制度の利用はできないので注意されて下さい。

ご相談の件ですが、
①1,500万円で建物付きのまま売却する場合
②1,500万円で売主が建物解体費用を負担して売却する場合
この2パターンで試算しました。
 
①1,500万円で建物付きのまま売却する場合
◆収入 売買代金1,500万円
◆支出 印紙代1万円
◆手残り額(税引前) 1,499万円
◆譲渡所得税 278万円
◆手残り額(税引後) 1,221万円
 
②1,500万円で売主が建物解体費用を負担して売却する場合
◆収入 売買代金1,500万円
◆支出 印紙代1万円、解体費用120万円、滅失登記費用6万円
◆手残り額(税引前) 1,373万円
◆譲渡所得税 0円 ※3,000万円控除を利用したため譲渡所得税が0円になる
◆手残り額(税引後) 1,373万円
 
一見、①方が解体費用の負担が無く良さそうに見えますが、
結果は②の方が152万円も手残り額が多くなりました。
相続不動産の売却については、相続の知識がある不動産会社でないと結果が大きく変わります。

今回のご相談者様には制度を利用して頂き、売却のお手伝いまで当社で行うことになりました。


熊本県・熊本市・合志市・菊陽町で、不動産の相続にお悩みの方は、「生活情報ネット相続相談センター」までお気軽にご相談下さい。